新井浩文が韓国人に国籍変更した理由は?本名や両親も調査!

こんにちは。スリアです☆

実力派俳優として数々の映画やドラマで活躍中の

新井浩文さんですが、もともと朝鮮籍でしたが

2005年に韓国籍を取得したことを明らかにしています。

どうして韓国籍に変更をしたのか調べてみました。

 

Sponsored Links

新井浩文プロフィール

名前:新井浩文

生年月日:1979年1月18日

出身地:青森県弘前市

身長:181cm

血液型:A型

最終学歴:青森県立弘前実業高等学校 中退

事務所:アノレ

 

唯一無二の個性派俳優としてひっぱりだこの俳優、新井浩文さん。

年齢は39歳(2018年現在)。

 

新井さんといえば趣味が麻雀やパチンコっていうイメージがありますが、

実は小学4年生の時から卓球を始め、

高校時代は全国大会にも出場したほどの実力の持ち主なのだそうです。

 

青森県立弘前実業高等学校のご出身ですが、

当時は昼頃に登校し、勉強をする気はまったくなかったようなので

授業には出ずに午後からは部活に参加という日々だったようですね。

それが原因なのかはわかりませんが、高校中退の道を選んでいます。

 

「有名になりたい」という漠然とした思いを持って、19歳のときに上京した新井さんは、

上町の屋台で映画プロデューサーの荒戸源次郎さんと知り合い、役者をやりたいと直談判。

 

一度は無理と断られるも、血気盛んで強気で自信家なところがある

新井さんをとっても気に入った荒戸源次郎さんは、俺が預かると告げます。

 

でも飲んでる席で映画プロデューサーと出会っちゃうなんて

新井さんの引き寄せ力は半端じゃないですよねw

 

その後2001年、22歳の時に映画『GO』で俳優デビュー。

翌年には映画『青い春』で松田龍平さんとW主演を果たしました。

この映画で知り合った松田龍平さんとは、現在も親友としてとっても仲がいいですよね☆

 

現在の事務所は浅野忠信さんのお父さんが社長

俳優の加瀬亮さんや太田莉菜さんが所属する「アノレ」。

 

昨年末には社長が逮捕されてしまうという事件がありましたが、

その影響もあってか「1.75倍ぐらい働きたい」と冗談交じりに答えていましたが、

イメージが大切な芸能界だけに、実際事務所内は大変なのかもしれませんね。

 

▶︎関連記事

浅野忠信の父、佐藤幸久の自宅や逮捕歴は?嫁や家族はシロ?

 

バラエティー番組ではコワモテの雰囲気とはギャップのある、とってもチャーミングな人柄で大人気☆

「しゃべくり007」などのトーク番組で、芸人さんによくいじられてますが

いつも自然体で受け答えしている姿があまりにも飾らなすぎて、

ぜんぜん俳優さんっぽくなくて、とっても好感が持てちゃいます。

 

ファンサービスをとっても大切にする新井さんは、

ファンの間では「パイセン」っていうあだ名で呼ばれ親しまれているのも有名な話☆

 

そんなフランクな性格の新井浩文さんなので、国籍を変更したこともラジオでサラッと告白しています。

こういうのも新井さんらしいエピソードですよね。

 

これを聞いたファンからは「びっくりした」という意見も多かったようですが、

「確かに韓国系の顔をしている」と納得する声もあったようです。

 

新井浩文が韓国人に国籍変更した理由は?

 

新井浩文さんは青森県弘前市生まれの、在日朝鮮人三世でしたが、

2005年に朝鮮籍から韓国籍に変更しています。

 

ご家族が韓国籍に変更したことに伴い、ご自身も日本国籍ではなく韓国籍を取得されたそうです。

「仕事で韓国に来ることがあるので、国籍を朝鮮から韓国に変えた」と発言したそうです。

 

知らなかったのですが、朝鮮籍ではパスポートも作ることができないそうです。

海外での仕事も増えていくことを視野に入れて、国籍変更をしたのかもしれませんね。

 

また在日朝鮮人の方は韓国籍か日本籍かを選ぶそうで、

家族とは別に自分だけ日本国籍を選ぶという選択肢もあったと思いますが、

おそらくご自身のルーツを大切に思われての決断だったのではないでしょうか。

 

また在日韓国人の場合は、兵役に行く必要もありませんし、

日本では通名を使うことができて銀行口座も本名と通名の両方で作ることができるそうです。

そういったメリットも考慮しての判断だったというのもあるのかもしれませんね。

 

Sponsored Links


新井浩文の韓国名(本名)は?

変更後の韓国名までは、まだ公表していないみたいです。

 

在日韓国人が使う通名は、

「新井」「山本」「木村」「金本」「金田」「安田」などが多いそうです。

 

また「新井」を通名で使っている方の本姓は「朴」が主流なのだそうです。

 

 

プロ野球広島カープの内野手の新井貴浩選手は、

在日韓国人でしたが日本に帰化しています。

 

帰化前の本名は、朴貴弘 (박귀홍)でした。

 

ですので、新井浩文さんの本名も「朴」が濃厚だと考えて良さそうです。

 

新井浩文の両親や兄弟について

新井さんは在日朝鮮人三世ということですので、祖父母の代から日本で暮らされているようです。

家族構成は、祖母、父、母、妹。

 

お父さんは東京に単身赴任をしていたので、新井さんは女ばかりの家庭で育ったそうです。

 

ご実家は現在も青森県弘前市にあり、

ご結婚された妹さんと旦那さんもご実家で暮らされているそうです。

 

ご家族のことはあまり喋らない新井さんですので

ご両親や妹さんのお名前などは公表されていませんが、

お母さんが友人から「さっちゃん」と呼ばれていることはツイッターで明かされていたようです。

 

また単身赴任中の父親に電話し何しているのかを聞いたところ、

「仕事中」と答えたのにもかかわらず、電話の後ろ側からはパチンコや麻雀の音が聞こえていたのだとか。

さすが新井さんのお父さんって感じで、

きっと新井さんにも負けないくらいユニークな方なのでしょうね!

いつかテレビで共演とかしてくれたらいいのになあ☆

 

まとめ

以前はコワモテのイメージから犯罪者などの役が多かった新井浩文さんですが、

最近ではいろんな役柄で存在感を発揮するようになりました。

ますますのご活躍に期待したいです!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆

 

新井浩文が豪華ゲストと日本各地の酒場へと繰り出す旅番組♪♪

↓↓↓ これ必見〜☆

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です